施設紹介

ホーム > 施設紹介 > グループホーム ハーモニー > 施設紹介

行事

 

四季を通じて昔から慣れ親しんできた行事には、なるべく添うようにと毎月の誕生会以外にも正月の甘酒、鏡割り、初詣、節分、ひな祭り、いちご狩り、彼岸参り(春・秋)、端午の節句、七夕、家族交流会、バーベキュー、みかん狩り、クリスマス会…などを行っています。

外リハビリ

写真:グループホームハーモニー

とかく閉じこもりがちな生活から、なるべく社会へ出ようという考えから、各フロア9名ごとに外リハビリと称し、車にて外出しています。
外食をしたり、買い物をしたり、ドライブをしたりと月1~2回楽しまれています。出来る方には金銭の支払いなどもご自分で行っていただきます。お店の方との関わり方や自分で支払う達成感などを大切にと考えています。

散歩

脚力低下防止の為に始めた散歩も、すっかり毎日の日課となり暑い日も寒い日も必ず出掛けています。ほんの数百メートル程の距離ですが、お年寄りにとっては適度な運動と気分転換になっているようです。気候のよい時期には、リハビリ公園でおやつや昼食を食べたりして、外気浴を楽しんでいます。

おかげさまで、ここ2年程は風邪をひいて熱を出したり、何日も寝込むという方は一人もいません。また、自分で歩ける方は、車椅子の方を押してあげたり、逆に「ありがとう」の言葉が出たりと自然にお互いを思いあう気持ちも生まれてきました。

食事作り・おやつ作り

毎週火曜日の昼食は、ハーモニーで手作りをします。普段、管理栄養士の立てた献立をいただいていますが、この火曜日だけは職員とお年寄りが献立を考え、買い物してきた材料を各フロアで全員の分をお作りいただきます。
家庭の味がするのかほとんど全員がきれいに完食されています。また、月1回のおやつ作りも、季節のものを取り入れて簡単に出来るものを作っております。

個々に合ったふれ合いケア

自由でゆったりとしたここちよい生活。時間に縛られた日課はありません。とはいえ、共同生活ですので食事や入浴の時間だけは決まっているものの、それ以外は個々に自分のペースで意思や気持ちを大事にしながらゆったりと過ごしていただける家です。
認知症のお年寄りが少しでも今までと同じ普通の生活が続けられるように、スタッフが見守り、さりげなく手助けをします。 自室の清掃、洗濯物干しやたたみ、料理作りや配膳下膳、また、手芸や折り紙、畑や花壇の世話など、興味のあるものを見つけ出し、安心と誇り、自信と喜びをもたらすために、慣れ親しんだ暮らしをお手伝いします。

家族との関わり

写真:グループホームハーモニー室内

ご家族との面会、外出、外泊は自由です。ハーモニーの行事などに見学、参加してくださっても結構です。一緒に時間を過ごしたり楽しんだりすることで、程よい距離を保つことができます。

健康管理

認知症のお年寄りです。ご自分で身体の不調を言い表せない方もいらっしゃいます。
毎日体温測定、血圧測定を行い早めに異常を見つけることができます。また、隣接の内田記念医院への診察も受けられます。
今までのかかりつけ医や、歯科、眼科、皮膚科への受診も可能ですが、対応はご家族様にお願い致します。

ページの先頭へ

文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく