白梅会から

ホーム > 総合新着情報 > 白梅会から > 2019年度 リーダー職員研修

2019年度 リーダー職員研修

2020年01月31日 更新

第1回 令和元年9月25日(水)、第2回令和2年1月8日(水)の2日間

白梅ケアホームでリーダー職員研修を開催しました。

 白梅グループを代表するリーダー職員9名の参加!!

 

「第1回目」

リーダーの役割を理解するために講義や演習を行いました。

講義ではリーダーの役割やリーダーシップをとるための10の要素を学びました。

演習ではグループで課題に取り組み、解決するための手法を笑いあり、まじめさありと楽しく学び合いました。

課題は達成できないグループもありましたが、チームが機能していくにはどうすれば良かったか、その要因は・・・等々 終了後の振り返りでは真剣に考えていました。

 

  <グループワーク終了後のほっとした様子 リラックスムード満載>

20200108_01.jpg

 

9月25日第1回の講義がどのように活きたかは、第2回が物語ります。

担当者は、第2回成果発表会に思いを馳せながら、楽しみを膨らませながら、ポストミーテイングを行いました。

 

「第2回目」

各自の課題について取り組んだ結果「成果発表」を行いました。

   3か月間の真摯な取り組みを発表!!

発表7分、質疑応答10分で行い、発表は自由形式。

リーダーの役割を踏まえながら他職種を巻き込んだ実践の成果をどう発表しようか、伝わるにはどうするか考えながら準備をして臨みました。

成果発表会では、PPTや紙芝居方式を活用し、自分の取り組みを堂々と発表できました。活発な討論もしばしばみられ、盛況な成果発表会になったのはいうまでもありません。

 

〈成果発表会の様子〉

20200108_02.jpg

 

「成果発表後のグループワーク=デブリーフィング」

  

課題達成に向けた取り組みの中で大変だったこと、取り組みから見えた自分のリーダー像についてなど、発表後の疲れも見せず話し合いが盛り上がりました。

その中で、リーダーは覚悟を持ってさまざな出来事に取り組むこと、謙虚な姿勢を持ちながら話しを聞くことが大事であるとの意見が出されました。

  

今回研修の場での受講者発言からも、普段の取り組みを言語化して課題を考え具体的に取り組むことで見えてきたことが沢山あったことが分かりました。

リーダーとしての役割を自覚し、今後のリーダーシップに期待できる職員をまたまた排出できました。

 

「閉会後の茶話会」

白梅会グループの職員同士の交流を図り終了しました。

 

    晴れやかな笑顔やる気満々職員勢ぞろい!!

20200108_03.jpg

 

ページの先頭へ

文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく